本文へスキップ

弊社は創業大正元年の鍛冶屋です、ついでに金型とディッピング処理も賜っています

会社概要COMPANY

社名
株式会社古沢製作所
代表者
古澤幸朗
本社所在地
〒955-0057
新潟県三条市新光町18-7
→アクセス
TEL. 0256-34-3669
FAX. 0256-34-3324
資本金
1000万円
創業     
大正元年
設立
株式取得 昭和50年12月8日
従業員数
10名(令和2年8月現在)
役員
取締役 古澤真弓
監査役 古澤 健
取引銀行
三条信用金庫・三条信用組合

沿革

明治後期に古澤熊吉の子 古澤弥吉が農具などの鍛冶を始めていて
初代となる古澤市松を養子として向かい入れ

大正元年に
三條市横町の自宅一画に鍛冶場を構えて
南部鉄瓶の弦の鍛冶を始めたそうです
(口伝の為、明治以降の正確な年代は不明)

大正初期に関西から喰切が伝わり、三條の鍛冶屋各所で製造が始まり

古澤市松も技法を習得し、古沢製作所の基礎としました

二代目となる古澤幸一が長年に渡り喰切の製造に携わってきましたが、昭和40年頃に盆栽ブームが到来

盆栽の造詣があった古澤幸一は喰切製造のノウハウを活かし盆栽工具の又枝切鋏等を着手製造して、職人を増員、手狭になったので、
昭和45年に現在の三条市新光町に鍛冶場を移転

移転後しばらくして、古澤幸一が喰切需要の減少に危惧を感じ、喰切製造や盆栽工具で培った技術で、
ひょうたん爪切りを製造
そして昭和48年に、又枝切鋏からヒントを得て
日本初のニッパ型の斜刃爪切を開発製造しました

いまだに売れ続けている超ロングラン製品です

三代目となる古澤幸朗が、鍛冶屋としての手作りの限界を感じ
昭和57年に自ら隣の燕市へ約5年間、星野プレス金型と小日向鍛造金型で修行をし、金型技術を習得

昭和61年元旦に自宅車庫を改修し少数の工作機械を設置して金型業務を始めました。

古澤幸朗の技術により古澤製作所の製品すべてが手作りだったのを

熱間型打ち鍛造に順次変更し、機械加工も導入して大量生産への技術を確立

平成17年に金型新工場を増築し数多くの数値制御工作機械を駆使

近年には某自動車メーカーの専用工具製作のOEMを手がけるようになり金属加工のノウハウに特化した技術を保持するようになりました。

令和2年に金型工場隣に化工部門を増設しディッピング処理業務を開始