爪切り器の御取り扱いと仕組み


弊社の爪切り器は合わせ工具(右・左を結合して使用する工具の名称)です
刃の噛み合わせが狂わないように堅めにリベットを締めています、その為に合わせ部分の油が乾くと動きが悪くなり
握ってもバネの力では元に戻らない場合があります。

対処法は、合わせ部分に潤滑油を数滴差して数回動かして戴ければ動きが復活致します。
開きが良好の場合でもメンテナンスとして潤滑油を差して貰えれば長期間刃の噛み合わせが狂わず良好な切れ味を持続出来ます。


問い合わせが来る事例で、刃と刃がズレているという問い合わせがきます。
 

問題はありません!弊社の爪切り器の刃は、わざとズラしています、極端に大きいズレは不良品ですが。
刃と刃をピッタリと合わせてしまうと最初の頃は良く斬れますが、直ぐに切れ味が落ちてきます
どんなに硬く刃を作っても同じ堅さの物を、ぶつけ合っていれば刃が痛んでくるのは当たり前です
わずかにズレていると使う度に刃同士で研ぎ合う効果があり長期間の切れ味が持続します



次に来る問い合わせで、握っても刃と刃がピッタリと閉じない、間に隙があると言う問い合わせも来ます。

爪を斬るぐらいの力で握った際に隙間が無くなれば、問題はありません、
先端がV字に開いている物は不良品ですが、明かりにかざして下の方に微かな隙間が出来るように
刃を付けています。弊社の爪切り器が少しでも長く切れ味が続くようにするための技です。


他メーカーのフレーズで僅かな隙も無く、ズレも無い素晴らしい爪切り!と銘言っている物は
最初は良く斬れますが直ぐに買った時の切れ味を維持することは困難です。
材質も錆びにくいからと持て囃されているステンレスで作られた物は特にです。

最近、何故か他社メーカー爪切り器の刃の研ぎ直しの依頼が良く来ます、海外有名メーカの物や
粗悪製品の物まで多岐の依頼で研いであげているおかげで、他社製品の刃の付け方の研究に事欠きません

余談ですが、一流の板前さんが使う包丁はステンレス包丁では有りません、鉄の鋼で作られているものです
ステンレス鋼と呼ばれる材料で作った包丁を丁寧に研いで新聞紙を上から包丁の重みだけで切ると三分の一位までしか
切れませんが、鉄鋼で作られた包丁は下まで斬り落とします。
世界一の刃物と呼ばれ、越える物なしと言われる日本刀も鉄の鋼で作られています。

問題は、錆びやすい点ですが、常日頃お手入れして貰えれば錆びないのですが、爪切り器は日常品ですので、
日頃よく使う物を頻繁には手入れが出来ませんので、弊社は防錆の工夫として
特殊な鍍金で防錆している物や、カチオン処理で防錆を工夫しています。
水に濡らしたり、粗雑に扱わない限り長く日用品として使って貰えます